ウレタンといえばワエストロ。
なんでもご相談ください。

 ワエストロはとことんウレタンにこだわって、ウレタンに向き合ってきたからこそ、ウレタンに関することはどこよりも自信があります。
 自信と経験があるからこそ、材料も自社で生成しています。そのため、お客様のご希望・ご要望に合わせたオーダーメイドの材料生成が可能で、さらにはサンプル製作、トライ、そして生産までトータルでお手伝いいたします。
 また、ウレタンRIM成形だけでなくインジェクション成形に関するご相談や、金型設計や設備に関するご相談、弊社特許を活かした製造に関するご相談など、お客様のご要望に合わせた形でのご提案いたします。

 ワエストロが独自で持つコア技術は「多品種少量生産」にも対応が可能で、これから各業界で高まる「三次元加飾成形」のニーズにもマッチしており、工程削減によるコストカットの実現も含め、これまでにない画期的な技術として注目されています。

 ウレタンの持つメリットである、発泡体ならではの「軽さ」、自在に調整が可能な「硬度・柔らかさ」、そして優れた「高断熱性能」や「吸音効果」
 他のプラスチック樹脂と比べても類を見ないこれらの優れた特性をもつウレタンの可能性を、最大限に引き出し、日本国内のみならず、世界中のさまざまな分野において、ひとびとのお役に立てる製品開発とものづくりを目指しています。
 例えるなら「氷を燃やす」。ウレタンに関連したそんな無理難題を解決し、世の中に貢献していくのが私たちワエストロの使命です。

ワエストロはこんなことをしています。

ワエストロでは、メインであるウレタン成形(RIM成形)を中心に、各種射出・インジェクション成形、インモールドコート成形等を扱っております。

RIM成形(リム成形)

多くの品種展開かつ中量・少量生産や、初期投資を抑える案件では弊社は主にRIM成形で生産しています。製品の用途に応じて、日本ではまだまだ取扱の少ないウレタンウレア樹脂を用いた成形も可能です。

INJ成形(インジェクション成形・射出成形)

成形サイクルを短くし、大量生産が必要な案件ではインジェクション成形(射出成形)での生産でも対応ができます。また、INJ成形でネックになりがちな設備投資のコストカットに関するご相談も承ります。

インモールドコート成形

ウレタン樹脂成形と塗装、加飾(立体エンボス加工等)を同時に行う製法です。特に弊社では、コア技術である「三次元加飾技術(特許5821102・PCT/JP2015/83346)」を導入することで、デザイン性と生産性の向上、設備投資軽減や工程カットの実現が可能になります。

ウレタン樹脂材料開発と研究

弊社では原材料のみを仕入れ、書く案件ごとにお客様のニーズに合わせた材料を独自で開発しています。軽量化、硬度調整、難燃ウレタン、抗菌剤等との配合、割れないウレタン等、ウレタン樹脂に関することは何でもご相談ください。

特許技術の実施権販売と金型・設備の設計および販売

弊社保有の「離型剤レス製法」、「三次元加飾技術」、「ウレタンメッキ」の3技術に関する各実施券の販売やリースを取り扱っています。また、金型および生産設備等に関するコンサルティングや製造、販売も行っています。

くつろぎシリーズおよび自社製品の販売

弊社自社製品であるウレタン畳・マット「くつろぎシリーズ」の生産ならびに販売をしています。
この他にもウレタンの特性を最大限に活かした建材等の自社製品の開発および国内外での販売を計画しています。

従来の畳やマットに欲しかった「あったらいいな」を実現しました。

薄くてバリアフリーに対応し、軽くて持ち運びが楽で、水洗いが可能で汚れに強く、転んでも怪我のリスクを抑えてくれる。
従来の畳やマットでは考えられなかった、そんな夢のような畳とマットができました。

ウレタン成形メーカーであるワエストロが作る「くつろぎシリーズ」の素材は、ウレタン100%高反発製ウレタンのため、衝撃を吸収・反発し、体への負担を軽減。足当たりや使い心地がとってもやさしいのが特徴です。

従来の畳ではありえなかった防炎性能を実現!

くつろぎシリーズ防炎タイプなら、従来の畳や類似品ではあり得なかった「防炎性能」を実現。財団法人日本防炎協会より『防炎性能を持った製品』として認定を受けております。これにより、消防法上「防炎ラベル」が表示された製品の仕様・設置が推奨あるいは義務付けられている場所や施設でも安心してお使いいただけます。

抗菌加工済みだから清潔にお使いいただけます!

全タイプに抗菌剤を標準加工。第三者機関における厳正な抗菌テストも試験済みです。ダニや微生物などにも強く、いつでも清潔で快適にお使いいただけるため、老人介護施設や特養ホーム、保育園・こども園・幼稚園、特別支援学校、温泉施設・入浴施設・健康ランド、各種医療機関、飲食店・レストラン等でもご好評いただいています。

製品ギャラリーへ

ご高齢者様から小さなお子様まで安心してお使いいただけます!

老人介護施設のご利用者様からの様々な「あったらいいな」のお声をもとに製品開発に取り組んでまいりましたので、ご年配の方だけではなく、赤ちゃんや小さなお子様、お体の不自由な方にもお手軽に安心してお使いいただけます。

バリアフリーに対応すべく、厚みはわずか6mm。既成品などと比べ約10分の1程度という薄さのため、つまづいたりする危険性を最小限に抑えています
さらにその薄さに比例して、815mmのレギュラーサイズなら、1枚約1.3kgと非常に軽いため、女性の方でも簡単に持ち運ぶことができます。

昨今では和室がない住宅も増えつつある中、フローリングの上にただ置くだけで「置き畳」としてお使いいただけますし、畳にこだわらず、お部屋に合わせたお好きなカラーと模様を選べば簡単に模様替えができます。面倒で難しい工事も手間も、接着剤やテープのご準備も不要です。
その他、従来の畳や床材、カーペットのようにお部屋や廊下等に敷き詰めるもよし、キッチンで使うもよし。ご出産など家族構成の変化や、多様なシーンに合わせて持ち運んで使うもよし。お好きな場所で、お好きな形でお使いください。

生活防水だからお手入れ楽ちん!汚れに強い!

もしも畳やマットに、ワインや醤油をこぼしてしまったら・・・。
想像することすらもしたくないことかと思いますが、くつろぎシリーズならそんな心配もいりません。
くつろぎシリーズは表面がウレタンでコーティングされていますので、万が一、醤油やワインをこぼしてしまっても中に染み込みことはなく、表面で撥水してくれます。
しつこい汚れのもととなるクレヨンや口紅などでいたずら書きをされてしまっても、市販の中性洗剤で拭き取っていただければきれいに元通り。
小さなお子様がいらっしゃるご家庭や、保育園・こども園・幼稚園・児童館などの施設でお使いいただくにもぴったりです。

高反発性ウレタンならではのやわらかさと反発力!

タンスや本棚など、重いものを置いた場所に残ってしまう跡というのは、なかなか気になるものです。
枕やマットレスなどで使われているような、重さをそのまま跳ね返すことなく沈めてしまう「低反発性」のものとは違い、くつろぎシリーズは高反発性ウレタンなので、重いものを置いた場合でもその跡は約1日おけば元通りになります。

この特性こそが、万が一転倒した場合でも、その転倒の衝撃を跳ね返してくれることにより、他の製品と比べてはるかに怪我をしにくくしています。

やわらかいけれど、反発してくれる。まさにウレタンだからこそ実現した使い心地になっています。

ワエストロの特許・技術

ワエストロの保有する唯一無二の特許をご紹介します。
とことんウレタンを知り尽くしたからこそ実現させた、弊社の誇る画期的な3つのコア技術です。
特許の実施権に関わることや、付随した技術的なご相談など、ぜひお気軽にお問い合わせください。

ウレタン 離型剤不要 離型剤レス製法

離型剤レス製法

特許第5618281号
Release Agent Free Molding Method

 ウレタン樹脂成形で欠かすことのできない離型剤ですが、そんな離型剤もメンテナンスや工程を考えると厄介なものです。
 そこで弊社は、離型剤の代わりに離型性に優れた熱可塑性樹脂の皮膜を形成し、その間にウレタンを注入することによって離型剤を使わずに整形することを可能としました。
 熱可塑性樹脂は金型に接着しないため、RIM成形(リム成形)の表面にスチレン系樹脂の皮膜を形成。離型剤や、サフェーサーとしての効果を得ることができます。
 これにより、日頃悩まされていた離型剤も不要となり、工程削減やメンテナンスの手間を省くことができ、コストカットにも大きく寄与します。
 本来であればウレタンを使って成形したかった製品のはずが、離型剤に起因する問題点であるコストや工程・手間を嫌い、他のプラスチック樹脂での生産を余儀なくされていた案件などは、是非一度この技術のご活用をご検討ください。
 ウレタンの持つ硬度の自由性、軽さ、断熱性能などを活かしたものづくりに最大限お役立てできる技術です。

ウレタン 三次元エンボス加飾 立体加飾インモールドコート成形 多品種少量生産

三次元加飾技術

特許第5621102号
3D Decorating Molding Method

 立体の凹凸模様(エンボス)と絵柄を、成形と同時に製品に転写することを可能にした技術がこの「三次元加飾技術」です。
 従来では金型の表面に直接立体のエンボス加工を刻みこみ、立体的な模様を樹脂に転写していました。しかしながら従来までの製法ですと、製品数に比例した数量分の金型が必要なことから投資がかさみ、多品種小量生産には不向きでした。
 そこで前述の「離型剤レス製法」をさらに応用し、金型には直接エッチングをせず、代わりに3次元形状のフィルムを使って立体模様を樹脂に転写させることに成功しました。
 異なった模様が施されたフィルムを使うことにより、たったひとつの金型で、様々な立体形状のついた製品を生産することができる画期的な技術となっており、実際に弊社の「くつろぎシリーズ」は、この三次元加飾製法を使用して生産しています。
 加飾フィルムは常温で成形品の表面に吸着が可能で、単色であればモールドコートとの併用で繰り返し使用することもでき、大幅なコストカットが可能となり、今後注目される「多品種少量生産」のものづくりに大いに役立つ技術です。

ウレタンメッキ ウレタンへのメッキ加工

ウレタンへのメッキ加工

特許第5618282号
Plating on Polyurethane Method

 離型剤の代わりに溶媒に溶かしたABS系の熱可塑性樹脂を金型に塗布し、表面で被膜可させます。これにより、ウレタンでも既存のABS樹脂のメッキラインでのメッキ加工が可能となりました。
 静電塗装、または、直接メッキを施したい場合でも、ABS樹脂にカーボン粉末を添加した混合物を仕様することでメッキ加工が可能となります。
 また、医療部品など、静電気除去が不可欠な製品の場合は、カーボン粉末層からアースを取り、除電することが可能です。
 物性上、今までウレタンにメッキ加工は到底実現しえませんでしたが、ワエストロの離型剤レス製法を応用し、不可能を可能に変えることに成功しました。
 この技術を応用することで、投資の面などからインジェクション成形で諦めていたメッキ加工などを、ウレタンで代用することが可能で、さらには今までありえなかった身近な製品にメッキ加工ができるため、そのポテンシャルが期待されています。
 こうしたメッキ装飾は、文化的な側面から現在発展が目まぐるしい東南アジア市場での需要も見越し、様々な分野・業界で活用すべく営業を展開しています。

会社概要

ワエストロは平成30年10月に埼玉県熊谷市に産声を上げました。

会社名

Company Name

  • ワエストロ株式会社
  • WESTRO, Inc.

所在地

Address

  • 本社:埼玉県熊谷市問屋町2-2-6 2F
  • 熊谷工場:埼玉県熊谷市広瀬1138-1

TEL & FAX

Phone & FAX No.

代表

CTO & CEO

  • 代表取締役会長 / 最高技術責任者
  • 古屋 民雄
  • 代表取締役社長
  • 古屋 瑞起

取引銀行

Banks

  • 埼玉りそな銀行熊谷支店
  • 商工中金熊谷支店

資本金

Capital

  • 1,000,000円

設立

Date of Foundation

  • 平成30年10月22日

所属団体

Member Organizations

  • 熊谷流通センター春秋会
  • 熊谷流通センター青経会
  • 熊谷商工会議所
  • ものつくり熊谷
  • 熊谷商工会議所青年部

保有特許

Patents

  • 第5720036号
  • 第5830754号
  • 第5618281号
  • 第5618282号
  • 第5821102号
  • 第5943334号

お問い合わせフォーム

メールでのお問い合わせはこちらのお問い合わせフォームで承ります。土日祝日を除く営業時間内(8:30-17:30)での対応となりますので予めご了承ください。
万が一折返しのご連絡がない場合は、大変お手数ではございますが 048-527-1181 までお電話にてお申し付けください。